TPPの交渉参加はやっぱりよくないことだと思う 

テレビではよく「農業が大打撃を受ける!」とか言っていますよね。アメリカの言いなりになってTPPに参加しても、結局日本には良い事ないんじゃないかと心配しています。

nagnag / この投稿の説得力:58%

コメントするにはfacebookログインしてください

何をゴールと捉えるかによると思います。具体的には、多くの農家の人達が廃業するのを避けて保護するのかそれとも、戦わせた結果産業としての競争力を上げるか。TPP参加が今後どういう結果になるかは誰も知りません。そういう前提に立つと、例えばの話ですが、TPPに参加したら競争環境が激しくなるので、短期的に見たら、多くの農家がやっていけなくなると予想されます。しかし長期的に見たら、強いビジネスモデルを日本の誰かが確立して世界的にも勝てる日本農家発企業がボコボコと生まれると予想されます。どちらが良いかは短期長期どちらを採るかの時間軸での判断基準次第です。本例は「競争環境の観点で考えると」「短期長期どちらを採るか」っていう場合であり、他にも、観点や判断基準はあります。絶対にこれ!という選択肢は無く、何をゴールにして優先するのか、それが日本人に受け入れられるか、それ次第ではないでしょうか。

ちま / この投稿の説得力:62%

コメントするにはfacebookログインしてください

その点、TPPに反対する人には、長期的な視点で語っている人がすくないと思います。太平洋の国々が互いに有利な交易条件で取引するなかで、参加しないままどのように渡り合っていくのかが不透明ですね。

ほりー / この投稿の説得力:50%

コメントするにはfacebookログインしてください