細川護煕さん、総理をやめたアナタが残したモノ。 

「細川護煕」

ある一定の年齢より上の人(まぁ、おっさん連中だな)にとっては、
この名前に一時、ココロをときめかせたことがあるのではないでしょうか。

まぁ、細川さんなんて、もう誰も知らないのかもしれません。
そういう方には、ハフポストの記事「細川護煕さんってどんな人?「殿様総理」が都知事選に出馬するまで」を貼っておきます。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/15/hosokawa-profile_n_4600040.html

「日本新党」ができたとき。
本当に、これから日本は変わっていくのだと、ものすごい期待感を覚えたのは、決して私だけではなかったでしょう。

そして、「非・自民政権」の誕生。
高揚感は最高潮に達しました。

・・・けれど。
ここから先、アナタが何をやったのか、既に我々は知っています。

「国民福祉税」の、深夜こっそり発表。
小選挙区比例代表並立制の導入。
そして、東京佐川急便からの「1億円」の借り入れ疑惑。

というか、疑惑の1億円はどうなったのでしょうか。
J-CASTの記事ですが、まだ返していない説も。
「過去の佐川急便1億円借入問題がぶり返す 細川元首相側「全額返した」に疑問の声も」
http://www.j-cast.com/2014/01/14194102.html

クリーンな細川政権は、あっという間に「今までと変わらない」ことを露呈し、政権は死に体となり、退陣に追い込まれたことを、我々は忘れていません。

5千万円猪瀬の後任が、1億円細川というのが洒落にもならないというのも当然すぎる批判なのですが、細川さん、アナタが日本国民に残したものは、

「結局、誰が政治をやっても同じ。政治改革なんて、できっこない」

という、深い深い深い諦念なんですよ。

そのアナタが、今更、都知事?
「権不十年」と格好良く政界を去った(つもり)のアナタが、今更、ないでしょう。

75歳のおじいちゃんの出番は、もう、ありません。

Masahiko Satoh / この投稿の説得力:62%

コメントするにはfacebookログインしてください

小泉さんもくっついて、自民党に票も金も流れるだけですね。

Tamao Yamamoto / この投稿の説得力:50%

コメントするにはfacebookログインしてください