赤ちゃんポストはあるべきだ! 

まず私は赤ちゃんポストが存在することに賛成である。なぜならもし存在していなければ、尊い命がこれまでに多く失われてしまったからである。しかし考えてみるとバカな親が自分の時間が足りないという理由や命の尊さが軽くなってしまうということから赤ちゃんポストに自分の娘や息子を預けてしまうのが問題となっている。この問題点についてそもそも論点がずれてきていると感じる。それはすべて子どもが悪いという風に感じ、親が悪いという風な意味合いが薄れているように思える。現在日テレの「明日、ママがいない」が放送中止となってしまうかどうかという問題が話題になっているが、私は放送中止どうこうよりも話題にあがったことの方が重要だと思い、むしろもっと世間に知ってもらわなければならないと感じた。この問題を知っている日本人はどれくらいいるだろうか。「赤ちゃんポスト」というワードがどれほど浸透しているのか、まずそこから議論していくべきではないだろうか。また親を叱るというのも大事なことではないだろうか、子どもの大事さ、命の尊さに気づいていない夫婦に気づかせてあげるというのも「赤ちゃんポスト」の問題解決の1つの要因ではないだろうか。

参考URL http://www.asahi.com/articles/ASG1J64S6G1JTLVB00T.html

Naoki Ito / この投稿の説得力:50%

コメントするにはfacebookログインしてください