東南アジアは日本を評価している 

外務省は4月18日付で「ASEAN7ヵ国における対日世論調査」を発表した。

「最も信頼できる国」として日本を選んだ割合が33%、他を大きく引き離している。

もちろん、中国や韓国などの反日政策をとる国における日本のイメージとは顕著に異なるのだが、調査対象たるASEAN7カ国の対日感情も、昔から日本贔屓であったわけではないことを確認しておきたい。

例えばフィリピンは国土が第二次世界大戦の戦場となり直接的な被害を受けたことから、他の東南アジア諸国と比べて日本軍の統治や戦争被害への反感が多い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E6%97%A5%E6%84%9F%E6%83%85#.E6.9D.B1.E5.8D.97.E3.82.A2.E3.82.B8.E3.82.A2.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E3.80.8C.E5.AF.BE.E6.97.A5.E3.80.8D.E6.84.9F.E6.83.85
しかしながら、1980年代までには戦後の反日感情が緩和し、日系人会が活発に活動できるほどになったという。

また、マレーシアもかつては国民に反日教育を施していたが、「ルックイースト政策」を掲げて日本を模範とし経済成長を成し遂げて以降、対日感情は非常に良好である。

今回の調査では、マレーシアやシンガポールはやや伸び悩んでいる。両国は華人の多い国であるため、これには華人の持つ反日感情が反映されている可能性があるのだ。

日本はこれまで、中韓を含むアジア各国に対し、ODAなどにより多額の援助を施してきた。その成果として、今回の調査結果のような良好な対日感情がある。ぜひ今後も東南アジアとの関係を緊密なものとし、中国包囲網を形成してもらいたい。

円借款のカラクリ ドクターZ 現代ビジネス 2014年02月02日(日)http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38205

ASEAN7ヵ国における対日世論調査(結果概要)(平成26年4月18日) 報道発表 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press23_000019.html
図解 http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000036037.pdf
詳細結果データ http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000036036.PDF

「最も信頼できる国」日本33%、中韓5%以下 http://www.yomiuri.co.jp/world/20140419-OYT1T50110.html?from=y10

Noriaki Horiuchi / この投稿の説得力:50%

コメントするにはfacebookログインしてください