尖閣有事が着実に迫っている 

東シナ海において、中国軍の戦闘機が自衛隊機の後方100メートル以内にまで接近する事件があった。

南シナ海ではベトナムの船に体当りする事件が起きたばかりである。

ベトナムやフィリピンと衝突するよりも日本と衝突するほうが先である可能性は低いものの、非常に心配。

次にアメリカが弱腰な態度を見せてきたとき、中国がどう動くかは非常に気になる。

Noriaki Horiuchi / この投稿の説得力:50%

コメントするにはfacebookログインしてください